www.casadenovia.biz

.

.


クレジットカードをショップにおいて決済する際に、一度は体験があるのではないかと思いますがレジの担当者が不慣れなためどの明細をお客様へ対して渡せば良いのか迷うことがあります。というのは、クレカを処理するとカード端末より3組綴りの紙というものが発行されるためでそれらのうちどちらを利用者のもとへ差し出したら良いのか迷うというケースがあるのです。レシートの正体とは》それではこの複数枚の利用レシートの意味とはどういうものなのかについては、下記の通り。1お客さんに渡す用のレシート。2店舗控えレシート。3クレジットカード会社控え使用レシート(サインを行う紙)。普通であればもちろん利用者側へ保管して頂く明細の方を受け取るはずですが、時には、違う利用明細の方を利用者へ誤って渡すというケースの他、サインをした利用明細を渡してしまうなどという事例すら見受けられるのです。特にバイトの従業員やカードが利用されることの少ないお店の会計にてクレカを使うとそのような店舗従業員の迷いを見れることでしょう。もしも店舗従業員が誤った方のレシートを渡そうとした際は冷静に「違いますよ」と直してください。